手ぬぐいの伝統的なデザイン|手ぬぐいの通販専門店による名入れプリントなどの激安オリジナル製作・格安作成から販売までお任せ下さい。

この度は手ぬぐいの卸専門店をご覧頂き有難うございます。熟練の職人達の染色・プリント技術を最大限に活かし、お客様に満足して頂ける、オリジナル商品を通販にて販売致します。

低コスト・短納期をコンセプトに掲げ大量ロット時では業界最安値を意識した激安・格安てぬぐいの特注オリジナル制作を致します。

  • 100枚以上再販業者様・デザイン会社様必見!!
  • 通常ロット専用お見積りフォーム
手ぬぐいの卸専門店イメージ画像
 

トップページ>手ぬぐいの伝統的なデザイン

手ぬぐいの伝統的なデザイン

古来から伝わる伝統的な手拭いの柄をいくつか紹介したいと思います。

手ぬぐいのオリジナルデザインの製作の際の、参考になればと思います。ごゆっくりご覧下さい。


麻の葉

六角形を基本とする幾何学模様で、主に手ぬぐいなどの全面にプリント印刷されることが多い昔ながらのデザインです。その名の通り、植物の麻の葉に見えることがこの名が付けられたと言われています。麻は丈夫ですくすくと育つことから、それにあやかって赤子の産着として制作利用される柄ともされています。


青海波

半円を縦横に繋げることによって波を表現した模様です。元々これは雅楽の舞曲の名前でしたが、この衣装に使われたデザインとしてこの名が付いたと言われています。縁起が良いとされる文様のことを「吉祥文様」と言いますが、これはそのひとつで手拭いのデザインに使用される色は青だけではなく、様々な色を使用した賑やかなデザインも存在します。


花亀甲

その名の通り亀の甲羅の模様に見立てた正六角形の幾何学模様です。平安時代の頃から亀は長寿のシンボルとされており、それにあやかってめでたい模様としてこのデザインは使用されていました。これも手ぬぐいの全面にあしらわれることの多いデザインです。


七宝

(金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・めのう・しゃこ)これらは大変な貴重なものということで、仏典用語で七珍といったのでが、これが変化した七宝になったとされています。

これは同一サイズの真円を上下左右1/4ずつ重ねて繋げていく模様のことで「七宝つなぎ」「輪違い」などとも呼ばれています。これも吉祥文様のひとつで、円満を示す伝統的な手拭いの模様とされてます。


吉原つなぎ

江戸時代頃から手ぬぐいの模様として人気があり販売されていたこの吉原つなぎは、四角形のそれぞれの角をくぼませたものを、鎖のように繋ぎ合わせた模様です。吉原の遊郭に入るとその魅力に繋がれてしまい、なかなか解放されないことにちなんで、この名前がついたと言われています。

てぬぐい以外にも祭り袢纏などにもよく利用される模様です。


当店ではこのような伝統的な柄の特注手ぬぐいでも精巧かつ激安価格で制作することが可能です。

また通販店でありながら、てぬぐいのデザイン作成のオーダーも格安で承っておりますので、お気軽にご相談下さい。


  • 大量ロット専用お見積り
  • 通常ロット専用お見積り

お問い合わせはお気軽に。

手ぬぐいの卸専門店ロゴマーク

フリーダイヤルでのお見積もりも大歓迎!

手拭い制作実績